お歳暮は蟹で決まり!おすすめの蟹セットで冬の味覚を贈ろう♪

スポンサーリンク

今年のお歳暮は何にしよう…。洗剤や調味料セットはもう選んだ事あるし…。

こんな時は、失敗しない定番の贈り物が安心。事前にアレルギーの有無だけ聞いておけば冬の味覚の王道「カニ」なら失敗しません。親族や友人など、大勢で集まることも多い年末年始にピッタリのカニ。通販で選ぶならネットショップ大賞10年連続1位の『かに本舗』にお任せを。

『匠本舗/かに本舗』は年間約750トンという日本最大級のかに通販量を誇る通販ショップです。昨年は「カテゴリートップフード部門1位」、 「カテゴリープレミアムフード部門金賞」をダブルで受賞。

さらに詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクから公式ページで詳細情報をご確認いただけます。

公式サイトへ⇒蟹の匠本舗

■カニがおすすめの理由

  • みんなで食卓を囲める。
  • 高級感を感じられる。
  • 冷凍で日持ちする。
  • 調理が簡単でおいしい。

 

カニなら老若男女みんなで食事を楽しむことができます。なかでも、「かに鍋」用の蟹がオススメです。

お歳暮で人気の蟹鍋セット

なぜ蟹鍋用のカニなの?そう考える方もいるかと思います。1杯丸ごとの殻付き蟹は、なにより捌いたり殻をむくのが大変です。そして、食べることに集中するのでどうしても食事中は無言になるでしょう。これでは会話が弾まず静かな食卓となってしまいますね。

対して「半むき身セット」のかに鍋なら、むき身を煮込むだけの簡単調理で、手元にも余裕が出るため会話を楽しにながら味わうことができます。殻が半分ついているので煮込む時に煮崩れを防ぐことができ、最後までゆっくりと鍋を楽しめるでしょう。

かに鍋をメイン料理として楽しんでもらうことを考えた場合、1人前300g程度を目安にするといいですね。蟹の種類は、ずわいがにがお手頃な量と価格のためおすすめ。

蟹しゃぶ用生ずわいなら脚むき身がおすすめ

蟹鍋の中でも人気が高いのが「かにしゃぶ」。かにしゃぶなら、食べやすいむき身を使用するため、煮込むタイプの蟹鍋よりも調理がさらに簡単です。
しゃぶしゃぶ用の生の蟹もずわいの「脚むき身」が小さな子供でも食べやすいサイズ。

さっと鍋にくぐらせ、半生でいただくのが絶品です。家族で鍋を囲んでにぎやかなひと時となること間違いなしですね。ほぐした脚むき身でかに雑炊にすれば〆まで絶品。

さらに、生ずわいがにの脚むき身は、蟹しゃぶ以外にも様々な料理を楽しめます。
ホットプレートで焼きがににしたり、身を取ってかに玉にするなど、アレンジ方法は多いです。

かに本舗で通販の評判は?

ネガティブな評判

カニの味と品質には満足しているので何度か利用していたが、電話での注文ができていなかったようです。そのあとの対応が悪く、楽しみにしていただけに残念。もう注文はしません。

届くまでにも時間がかかり、やっと届いたと思ったら品質が最悪だった。返品を依頼したのに、運送業者は来ません。電話の対応も悪かったです。

まいとし親せきに「ずわいがにのむき身」を送っていました。今年から送らなくてもいいとのことで状況を聞くと、小指程度の殻付きばかりとのこと。せっかく喜んでもらおうと送っているのに恥ずかしい気持ちになりました。

ポジティブな評判

迫力満点の大きさで満足!お鍋にして食べたら、ジューシーで甘みもあっておいしかったです。カニの種類が多くて違いが分かりづらいので、ホームページを見やすくしてもらえると嬉しい。

サイズで値段が違うので迷うけど、来客予定があったので大きいサイズを注文。鍋にしたけど食べやすくカットされているので無口にならず、〆のカニ雑炊まで堪能しました。

ネットで食品を買うときは写真をあまり信用していません。でも、写真より大きくて食べ応えがあり良かったです。身が詰まっていて、ダシもしっかりと出ました。

ここでの口コミのまとめとしては、当たり外れがあるというのが素直な印象です。とはいえ、ネットショップ大賞での入賞やメディアでも多数取り上げられるなど、多くの実績を誇る『かに本舗(匠本舗)』。「丁寧に包装されている」「身がプリッとしてジューシー」という意見が多かったのも事実です。まとめて購入すると送料が無料になるなど、お得な買い方も。

お歳暮だけではなく、自宅用にもおすすめです。

まとめ

この記事では、今年はどんなお歳暮にしようとお悩みの方に対して、かに本舗の蟹を紹介しました。

  • お歳暮には蟹鍋用の半むき身セットがおすすめ
  • 蟹しゃぶなら生ずわいの脚むき身がおすすめ

 

ただし、相手のご家族に甲殻類アレルギーがないか、情報を確認したうえで蟹鍋セットをお贈りしましょう。「おいしかった!」と贈り先から感想をもらえると嬉しいですね!

詳しい情報は下記のリンクから公式ホームページでご確認いただけます。

公式サイトへ⇒蟹の匠本舗